■酸素カプセルのメカニズムを知る



   酸素カプセルのメカニズムを説明する前に、酸素の性質に
   ついて、お話したいと思います。体内に存在する酸素には、
   体内に溶け込みやすいタイプの溶解型酸素ともうひとつには
   結合型酸素と言って、血液の成分であるヘモグロビンと
   結合するタイプの酸素があります。

   中国の漢方や中医学では、「万病一元血の汚れ」という観点
   から、患者の顔色や舌などを見て、血流が良い状態か悪い
   状態かを判断基準に体質を見分け、病名を診断します。
   血流が悪いとさまざまな病気の原因となります。

   一般的にわたしたち人間の体は、脳や臓器、皮膚は毛細血管
   が固い状態になりやすく、ふとしたきっかけで血流が悪循環
   に陥りやすくなっています。もちろん、自分でふだんから
   気をつけていれば血流を改善することは可能です。生活習慣
   や食生活に問題があると、血流にも悪影響を及ぼして、
   コレステロールが蓄積され、酸素不足を起こして、老化現象
   が進み、認知症などの原因となります。

   酸素カプセルは、ふだんの空気中の環境にある酸素よりも、
   やや高い気圧で酸素量を増やすと体の中に自然に溶け込んで
   溶解型酸素が増加します。溶解型酸素が増加することによって、
   今まで酸素が十分に行きわたっていなかった血管や細胞など
   全身に、十分に酸素が補給されて、全身が活性化されます。
   つまり、酸素カプセルに入ると、細胞が本来の健康な状態を
   取り戻して老化防止になり、アンチエイジングにもつながる
   というわけですね。
  

■本サイト人気コンテンツ

  ◆ 医療用と一般普及型
  ◆ どんな特徴がある?
  ◆ 酸素不足に要注意
  ◆ 料金はどれくらい?
  ◆ 酸素パワーの秘密
  ◆ 利用する上での注意点